加藤武彦、糟谷政治講演

この度東京で加藤武彦先生の講演に行って来ました。その公演で様々な出会いもあり、村岡先生も公演に来ておられ色々とお話しができました。


以下先生方の抄録です。

講師:加藤武彦 先生東大の飯島勝矢先生が、千葉県柏市で行われた、大規模な虚弱予防調査研究の結果、いかに「食力」の低下が、要介護や寝たきりの引き金になるかという事でした。このことは、私が20年来、病気の回復や、介護において、「口から噛んで食べること」がどれだけ重要であるかという事を、医療・介護・福祉の方々と共に社会に訴えてきたことです。これには、今までの歯科治療が、いかに治療だけをして、生活のところまで行き届いていない歯科医療を如実に示されたことで、この「オーラルフレイル」(口腔の初期の機能低下)の時期に、それ以上口腔機能を悪化させないための、歯科医の努力が言外に求められていることを、ひしひしと感じております。口から噛んで食べる事が栄養の充足、そして運動、そしてまた社会参加へとつながる介護予防に「歯医者さん、お願いね!」と言われているように思えます。国の予算も厳しいおり、医療・福祉にかかる出費をすこしでも節約するためには、健康寿命の延伸をして、いわゆる要介護、寝たきりの時期をいかに少なくするかが、国の大きな政策として取り上げられている現在、歯科医師もこのオーラルフレイルという考え方で噛める義歯・口腔ケア・口腔リハビリを行うことが、介護予防的アプローチが本当に社会から求められている。

糟谷政治

講師:糟谷政治 先生

私の診療室のロゴマークは齧った林檎です。林檎を丸齧り出来る総義歯を作製したいという想いからこのマークを使用しており、40年前に開業した当時は顎堤条件の良い方が来院され、林檎を丸齧り出来る患者さんも居られました。しかし、近年顎堤吸収が著しい方ばかりが来院され、しっかりした加藤デンチャー(デンチャースペース義歯)でなければ対応できない状況になっています。また、診療室で治療用義歯作製ができると、義歯修理が早く上手にできるようになり、安心してしっかりした義歯作製ができるようになります。訪問での義歯治療の成功のカギは、診療室での治療用義歯作製にかかっていると言っても過言ではないと思います。訪問では顎堤吸収の他に、麻痺や拘縮、ディスキネージアや認知症などと、他の難題も有り、加藤デンチャー・黒岩恭子先生の口腔リハでの対応が必要ですが、私の訪問では殆どが加藤デンチャー(デンチャースペース義歯)だけで対応出来ています。 デンチャースペース義歯は、患者さんの求める“噛んでも痛くない”“動かないので安心して話が出来る”“邪魔にならない”義歯です。当日は、デンチャースペース義歯作製の勘所をお話し出来ればと考えています。

以下私の思うところ

私はこれまで様々な義歯のセミナーに行って来ました。今思うところは解決方法はひとつではではないが、ゴールは患者の満足した笑顔であることであることは間違いない。そのためにも、様々な方面から勉強をしてゴールを目指して頑張るしかないと思います。自己満足で終わることないように日々努力するしかないですね。知らなかったということはとても怖いこと。最近私の中ではとても重い言葉です。
米子 野坂歯科医院

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中