加藤武彦先生 訪問歯科診療

先日加藤先生、三木先生による訪問歯科診療に同行させて頂きました。診療室で行う治療と異なり、限られた条件での診療はやはり難しいこともあります。その中で様々な引き出しを持っておられる先輩先生方の義歯診療はとても刺激になりました。特に現在関連している施設では口腔機能が落ちている方が多くおられます。その状態では義歯の使用も困難で義歯を装着しない方も多くおられます。

三木先生から言われた言葉で、健康な方はなんとか普通の義歯でも使用してくれるのでお陰様義歯という言葉で表現されていました。口腔機能が落ちている方になんとか食べてもらうための装具としての義歯を目指すためには、様々な知識、技術を集結させ考えつくされた義歯でなければなりません。そのような義歯を在宅で行うためには普段の診療室から絶えず考えて作成することがとても重要になるかと思います。今のところに満足することなく、絶えず反省を繰り返し、明日にはさらにいいものができるようにしていきたいと思います。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中