東みずほ幼稚園歯科検診

今日は私も小さい頃通った東みずほ幼稚園の歯科検診でした。小さい子供から上手にできました。最近の子供は本当に虫歯が少なく検診も早く終わります。お母さんたちがしっかり歯磨きしてくれているからでしょうね、私の娘も現在年少さんでお世話になっています。家に帰ったら興奮気味にお父さん幼稚園に来たでしょう!って言われました。

米子 野坂歯科医院

広告
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

佐々生先生 口腔リハビリテーション

今日は山口県岩国で開業されている佐々生先生の口腔リハビリテーションについて歯科医院としてできることはなんだろうかという内容で講演をして頂きました。私自身DHPで佐々生先生にVE研修を受けたのがキッカケでこの度の講演まで繋がりました。訪問診療への想いが私に近い方だと思っています。現在口腔機能低下症という診断が可能となりましたが、実際その方に歯科医院で何をするのかというのはまだ思考錯誤しております。私一人では何もできないわけでスタッフ一丸となって何かをやり遂げるくらいでなければ実行はできないと思います。これから歯科医院として地域で何が求められているかを模索してピンポイントで色々としていこうと考えております。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

五千石保育園歯科検診

今日は五千石保育園歯科検診でした。昨年から0歳児も開始されとても賑やかな検診となりました。当院では現在食育に力を入れており多くのセミナーに参加してきました。11/6には五千石保育園にて当院衛生士が保護者向けに講演をする予定です。子供の歯守るためにはまず保護者の方の正しい知識が必要かと思います。歯科医院から正しい知識を発信していきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

UCLA エンドプログラム

昨日今日と歯科医院にお休みを頂き根の治療のセミナー UCLAエンドプログラム(8回あるのでまたまた歯科医院をお休み頂きます)に参加して参りました。今回これを受講しようと思ったキッカケはきちんとした診断をするためには基礎的な内容をしっかりと理解していないとダメだと思うようになったのがキッカケです。そのためには最新のエビデンス(科学的根拠)に基づいた知識のアップデートが必要だったのです。

ただ論文の質というのは見分けるのはとても大変な訳で、その道のプロUCLA 教授陣が選んだ論文を理解するのが最も近道ではないかと思って今回参加決意をしました。結局昨日今日とシステマチックレビュー80以上の論文を一挙に読んできました。当然これまで知っていた内容もあれば、自分が学んでいたことで足りないところもありました。

全国にはエンド大好き仲間も多くいてこれから一緒に学んでいける良い戦友となっていく予感がします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

寺内先生 米国式根の治療

2日間破折器具除去で世界的に有名な寺内先生の再治療(膿が出るような歯の治療)セミナーに参加してきました。私の根っこの治療は以前に比べて成功率も高くなってはいますが、やはり結果をだせなかった方々もおられます。なぜうまくいかなかったのか、その理由は知識不足なのか技術的問題なのかなど色々と考えさせられるセミナーでした。

成功させるためには保険診療では使用できない材料などもありますが、最新の器具材料の情報提供をして実際使用するかしないかは患者さんが選択するところだと思いました。知っていてやらないと知らないからやらないは大きな差があります。もし患者さんが最新の材料を選択されるのであれば、それを使用してあげるべきだと思います。材料代だけで保険診療のコストを大幅に上回ってしまいますので今後自費なども考えないとダメかもしれません。

ただ温故知新で昔の先生方も限られた材料で頑張ってこられました。私も今の自分のできる範囲でベストを尽くすしこうと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

訪問歯科衛生士育成

本日は倉吉で訪問歯科衛生士育成のための講義を聞きに来ました。実践的な内容で実習とグループワークを中心に行いました。当院からは6名の歯科衛生士が参加しました。これから通院してくださる方が何かの疾患を持ち在宅などでケアをする必要も出てきます。かかりつけ医として最後まで責任を持って患者を支える地域医療が必要だと思います。そのためには歯科衛生士の果たす役割は大きいと思います。まだまだ未熟なところも多くありますが、日々努力の積み重ねが大事ですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

歯科カウンセリングセミナー

今日は患者さんにどのように問診を行うかなどといったカウンセリングの基本を向先生に来て頂き講義して頂きました。患者さんと関わる全スタッフが出席して実際に患者役などにもなってお互いの相互実習も行いました。まだまだ様々な自分達に足りないところがはっきりわかってきたように思いました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ